2013年04月07日

WH-9000-C50-CL と WH-9000-C35-CL DURA-ACEホイール 試乗インプレ

WH-9000-C50-CLWH-9000-C35-CLDURA-ACEホイールを試乗してきたのでインプレションを書いてみる。

今回はDURA-ACEホイールだけの貸出ではなく、車体毎貸し出し。
車体は、EDDY MERCKX EMX-3 + 9070 DURA-ACE Di2 仕様車だ。
EDDY MERCKX EMX-3はフレームセットで   338,000円
9070 DURA-ACE Di2は内装8点キットだけで 216,845円
これに、ブレーキ、クランク等々・・ 一体いくら掛かっているのでしょう。冷や汗・・。

手始めに、
WH-9000-C35-CL DURA-ACE ¥ 167,187 35mm ディープリム・ホイール
■仕様:クリンチャー、2:1スポークシステム、ワイドフランジ
■重量:1525gEDDY MERCKX EMX-3 とWH-9000-C35-CL

庶民にとって、ディープリムって重いだけかと思っていたが、35mmディープだと、ほとんど重さが気にならない。WH-RS80-C24と比べても余り苦にならない。しかし、ディープリムの剛性なのか、空力なのか、意外と通常の速度からよく進むのがわかった。ハブの出来もWH-RS80-C24とはまるで違うように思える。タイヤはPRO4RACEだったが、乗り心地も悪くくない。これならお値段以外は、気軽に使えるのではないか。


WH-9000-C50-CL DURA-ACE ¥ 171,378 円 50mm ディープリム・ホイール
■仕様:クリンチャー、ブレードシェイプリム、2:1スポークシステム、ワイドフランジ
■重量:1685g
EDDY MERCKX EMX-3 とWH-9000-C50-CL

気を良くして、50mmディープリムに乗ってみた。これも思ったより重くないが、さすがにダンシングして加速すると重さを感じる。C35よりより剛性感と空力がよくなって進む気がする。時速35km/h以上をキープできるならきっと強い飛び道具になりそうだ。

試乗した日は、春の爆弾低気圧で風が強かったので余り攻められなかった。C35ぐらいなら横風による煽られ感が少ないが、さすがにC50だと横風に煽られた。WH-9000-C35-CLは庶民でも乗りこなせそうな気がしたが、WH-9000-C50-CLは走るシーンを選ぶと思った。

追記:
今回のWH-9000 シリーズは、 オプトパル(OptBal) 2:1スポーク構造になっているそうです。
http://cycle.shimano.co.jp/publish/content/global_cycle/ja/jp/index/enjoy_knowledge/m_function/a-line/optbal.html
つまり、フリー側と反フリー側を2:1にする事によって、フリー側と反フリー側とのスポークテンションを同じすることが出来、フリー側のスポーク本数を増やすことによって、より駆動力が増すんだそうです。これが、WH-RS80-C24より良く進む印象を生んだかもしれません・・。

SHIMANO DURA-ACE WH-9000-C35-CL-P
W/B T 前後セット(EWH9000C35FRCC)

シマノ(SHIMANO) WH-9000-C35-CL-P W/B T 前後セット(EWH9000C35FRCC)
シマノ デュラエース WH-9000-C50-CL-P
ホイールバック付属 T 前後セット

シマノ デュラエース WH-9000-C50-CL-P ホイールバック付属 T 前後セット  

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村
posted by 中華カーボン at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホイール インプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年08月19日

WH-RS80-A-C24を買った13の言い訳とインプレッション!

WH-RS80-A-C24を買ってしまったので言い訳を書いてみる。
     シマノ (SHIMANO) ロード ホイール WH-RS80-A-C24 前後セット シマノ (SHIMANO) ロード ホイール
WH-RS80-A-C24 前後セット


WH-RS80-A-C24を買う前は中華カーボンリムクリンチャーを買おうとしていたが、色々問題あることがわかってきた。

1.ロープロファイルのクリンチャー用中華カーボンホイールは、下りでリム面が熱変形でめくれてタイヤが外れてチューブが破裂することがある。

    http://ow.ly/i/h7MJ


2.放熱面と熱容量の大きな38mmのクリンチャー用中華カーボンディープリムでも下りでリム面が熱変形する事がある。 玄米黒酢さんのブログより

    http://ameblo.jp/genmai-kurozu/entry-11311376697.html

3.ブランド品のクリンチャータイプのカーボンホイールはリム面がアルミであることが多い。

4.そもそも、カーボンホイールはチューブラーで使う事が前提で競技専用。一般用途には向かないんじゃないかと。

5.本当はG3スポークがかっこいいZONDAが欲しかったけど、思い立った時にはほうぼうで売り切れ。
       ZONDA


6.そこへWH-RS80-A-C24 28000円の大バーゲンキター!! @Wiggle
WH-RS80-A-C24


7.WH-RS80-A-C24ZONDAより軽い。
      ZONDA(1,555g) WH-RS80-A-C24(1495g)

8.でもWH-RS80-A-C24は、リムテープが必要なのでそれを含めると1495g+50g=1545gで実はZONDAと同等になる。

9.そもそも現在WH-RS20使っているのに、同じシマノでスポークの貼り方も一緒のWH-RS80-A-C24に替えて効果があるのか?

11.でも、WH-RS80-A-C24と同じカーボンラップドリムを採用したWH-7850-C24-TLを試乗した時のムニュッとした感触の振動吸収性が忘れられない。
     http://china-carbon.seesaa.net/article/159421985.html

12.PRO4RACEがある今、チューブレスまでいらないし、WH-7850-C24-TL試乗した時もチューブレスの優位性を余り感じなかった。

13.日本人ならシマノ。補修品の入手性から言ってもシマノ。


という事で、

WH-RS80-A-C24 インプレッション!! 大きな画像はこちら

WH-RS80-A-C24と中華カーボンロードバイク
WH-RS80-A-C24 実測値 
 前輪680g+後輪935g=1615g クイック126g

ちなみに、WH-RS20の実測値は
 前輪830g+後輪1090g=1920g クイック126g。

つまり300g軽量化


手に持った感じ、車体が軽くなったのを実感。走りに期待が持てる。

乗ってみると・・・変わった? 変わらない?? いやいや軽くなった。加速するとかなり軽くなったことに気がつく。ホイールが軽くなったので重心が車体の真ん中に寄って高級ロードバイクの乗り心地になってきた。

WH-RS20ではゴトゴトしていた乗り心地がWH-RS80-A-C24では微妙にマイルドに。カーボンラップドリムの振動吸収性を実感。

ハブの回りも静かでスムーズ。この辺りはグリスアップをサボっていたWH-RS20と単純比較はできませんが・・・。

そして、写真で見るよりぐっとシックで高級感あふれるカーボンブラック! これはなかなか良いです。


以上、中華カーボン人柱ブログなのに、
   シマノの高級ホイールに転んだ言い訳
でした・・・。


そして、中華カーボンホイールの人柱をして下さった方にお礼を申し上げます。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 中華カーボン at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホイール インプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年08月15日

WH-7850-SL 装着! Dura-Aceインプレ

WH-7850-SL装着しました! WH-7850-SLはshimanoの最高級グレード デュラエースシリーズの中で、スカンジウム合金を使った少し異色のチューブレス対応金属リムホイールです。WH-7850-SLになると、Dura-Aceすこしデカールが小さくなって、模様が入るんですね。ちょっと微妙。ちなみに、WH-7850-SLのSLは何を指すのでしょう・・。WH-6700はSL付かないですし。
大きな画像はこちら

WH-7850-SL

例によって試乗用ホイールです。我が中華カーボンロードバイクは8速マシーンなので持参のスプロケにわざわざ取り替えてもらいました。(普通スプロケ脱着費用は500円ぐらいしますけど・・)

という事でWH-7850-SLインプレッション!

このホイールは良くも悪くも金属臭い。悪い意味で言えば路面の細かい凹凸をゴゴゴ!と伝えてきます。いい意味ですと、反応の良さ。大袈裟に言うとカーボンコンポジットリムのWH-7850-C24-TLは固めの低反発素材だとすると、スカンジウム合金の WH-7850-SL は硬いバネのような感じ。

でも、WH-RS20を軽くしたような感触になる。つまり、WH-RS20とあまり変わらない・・。同じシマノのホイールで、スポークの張り方も一緒だから乗り味が似てくるのも当然ですかね・・

SHIMANO(シマノ)WH-7850-SL ロードホイール チューブレスクリンチャー SHIMANO(シマノ)
WH-7850-SL (EWH7850SLFRCAB)
ロードホイール チューブレスクリンチャー


CRCで、チューブレス用スカンジウムリムWH-7850-SL投げ売りされていたのはここだけの秘密

↓↓↓↓↓↓中華カーボンに興味ある方はポチっとお願いいたします。↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログへ
以下WH-7850-SLの詳細スペック

続きを読む
posted by 中華カーボン at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホイール インプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年08月14日

WH-7850-C24-TL Dura-Ace 装着! インプレ

WH-7850-C24-TL 装着しました! WH-7850-C24-TLは、シマノの最高級グレードデュラエースの中のカーボン&アルミコンポジットリムのチューブレスタイヤ対応モデルです。フルカーボンのWH-7850-C24-TUに比べて大きめのデカールとテカテカ光るアルミのブレーキ面がかっこいい! ちなみにWH-7850-C24-TLのTLはチューブレスを意味するらしい。
大きな画像はこちら

WH 7850 C24 TL

例によって、試乗用ホイールです・・。^^;) そして我が中華カーボンロードバイクは8速マシーンなので、スプロケ持参してわざわざ取り付けていただきました。感謝。 

という事で WH-7850-C24-TL とチューブレスタイヤのインプレッション! 

感じとしては、フルカーボンのWH-7850-C24-TU+チューブラーに近い感触。ムニュッとした感覚でよく振動を吸収します。これがチューブレスなんですね。これがカーボン&アルミコンポジットリムなんですね・・。

チューブレスタイヤは転がり抵抗の低さが言われていますが、ちょっと乗っただけではよくわかりませんでしたが、ちょっとスピードを出すとPRO3RACEより抵抗が小さいかなと思いました。

前評判では、WH-7850-C24-TLは舶来物ホイールより柔らかめと聞いていましたが、確かに乗り心地が良くて柔らかめな気がします。大柄な欧米人に合わせた舶来物ホイールと違って小柄な日本人に合わせた設定かもしれませんね。

ホイール自体は軽いのですがタイヤがちょっと重い感じがします。チューブレスタイヤは重い(クリンチャー+チューブとどっこいどっこいなのだが)という先入観が、そう思わせたのかも。

SHIMANO: クリンチャー ロードチューブレス 前後セット WH-7850-C24-TL(EWH7850CFRLB) SHIMANO
クリンチャー チューブレス 前後セット
WH-7850-C24-TL(EWH7850CFRLB)


↓↓↓↓↓↓中華カーボンに興味ある方はポチっとお願いいたします。↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログへ
以下、WH-7850-C24-TLのスペック続きを読む
posted by 中華カーボン at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホイール インプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年07月18日

WH-7850-C24-TU DURA-ACE 装着!インプレ

遂にWH-7850-C24-TU 装着しました! WH-7850-C24-TUはシマノ最高級グレード デュラエースシリーズの中の最軽量カーボンチューブラーホイールです。地味だけどカッチョいい!! デュラエースのブランドパワーは絶大! ちなみに、WH-7850-C24-TUの最後のTUがチューブラーを意味するらしい。

大きな画像はここをぽち

WH-7850-C24-TU

と言っても、試乗用ホイールです・・・。^^;) 近くのお店の店主の日記で紹介されてあったので試乗してみました。(ちなみに、我が中華カーボンロードバイクは8速マシーンなので8速スプロケ持参)

WH-7850-C24-TUはカーボンリムだけど、ブレーキシューはアルミ用のR55C3のまんま。街中で普通に乗る分にはこれでいいらしい。アルミリムと同等のストッピングパワーを発揮する。ただ、長い下りだと熱伝導性の悪いカーボンリムは熱を持ってしまい、シューにダメージが出てしまうとか。

ということで、WH-7850-C24-TUのインプレッション!さすがに軽い! 超高級ロードバイクみたい!走ってみると・・・軽いことは軽いんだが、値段に対する期待が大きすぎたせいか、思ったより加速しないかな・・。でも金属臭い微振動が出ないところがカーボンリム。タイヤもネチネチする。

試乗して店員さんと話していたら、どうやら空気圧が低かったらしい。PRO3RACEの推奨気圧と同じ7気圧で乗ってみたが、チューブラーのビットリアの場合は設定空気圧が8~14気圧! 

ということで10気圧入れて走ると・・・ロードバイクらしくパキーンと走る! 新しいタイヤだけあってコーナリングもしっかり安心グリップ。これがカーボンリムなんですね。これがチューブラーなんですね。でもなんとなく過去に試乗した高級ロードバイクに比べて車体が重い。ガラクタかき集めて作ったロードバイクの限界か。いっその事5700系105をポチりたい。ちなみに手持ちの安物空気入れ(D-9/BFP-YBG)だと10気圧入れるのはきついです。

帰りしな、我がWH-RS20PRO3RACEで帰ったが、これでも十分なんじゃないかと。お値段はWH-7850-C24-TUの1/7ですけど。PRO3RACEのなんともいえないソフトな乗り心地と5気圧にしてもモサモサしない転がり抵抗の低さが上質な走行感を演出している気がしますね。グリップ力が落ちてきたので、そろそろタイヤも新しくしないと。

SHIMANO(シマノ)WH-7850-C24-TU ロードホイール チューブラーSHIMANO(シマノ)
WH-7850-C24-TU
ロードホイール チューブラー

DURAACE
SHIMANO(シマノ)


尚、試乗させていただいた店主様からは、WH-7850-C24-TUを1割引でお売りします! とありがたいお言葉をいただきました。19万円もしますけど・・・。

CRCで、クリンチャー用カーボンラップリムのWH-7850-C24-CLとかチューブレス用スカンジウムリムWH-7850-SL投げ売りされていたのはここだけの秘密

↓↓↓↓↓↓中華カーボンに興味ある方はポチっとお願いいたします。↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログへ

ついでに、24mm 中華カーボンホイール が400$ぐらいで買えるのは大人の秘密・・。

以下WH-7850-C24-TUの詳細スペック

続きを読む
posted by 中華カーボン at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホイール インプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする