2012年10月09日

Specialized S-Works Venge (スペシャライズド ヴェンジ) 試乗 インプレ 2013 

Specialized S-Works Venge (スペシャライズド ヴェンジ)に試乗してみたのでインプレッションを書いてみる。試乗車のサイズは49、ステム長75mm、トップチューブ長518mmなので中華カーボンロードバイクより7mm短い。写真のポジションだともう少しサドルを後ろに下げたい所。
大きな画像はこちら
Specialized S-Works Venge (スペシャライズド ヴェンジ)

Specialized S-Works Venge(スペシャライズド ヴェンジ)は、ディープリムを履いているせいか、乗り始めから硬質な振動を伝えてくるスパルタンな乗り心地のロードバイクだった。 Tarmac SL4と違ってフレーム全体が硬いのだ。平たく言えば、カチカチ。

しかし、下りで一踏みしてやると Specialized S-Works Vengeは吸い込まれるように加速していく。ディープリムが空気の壁を切り裂いていくようだ。これがディープリムのエアロ効果というやつだろうか・・・。

Specialized S-Works Vengeは登りでは、少々重いディープリムを履いているせいか、Tarmac SL4のクイクイ感に比べれると冴えない。しかし中華カーボンロードバイクのモワモワ感に比べれば格段の剛性感。

Specialized S-Works Venge(ヴェンジ)はオールラウンダーなTarmac SL4に比べスプリント向けと言えよう。体重とパワーのある人が乗れば吸い込まれるように加速するのではないか。 ただ、体重60s、万年初心者の私にとって乗り心地が悪くイマイチ苦手な印象のロードバイクだった。

ちなみに、今回の試乗会はこんな山の中の公園。ここまで自走してくる人はかなり強者であろう。会場にはかなりの台数が並べられ充実した試乗会であった。

スペシャライズド 試乗会

以上、中華カーボンロードバイクのブログなのにSPECIALIZEDに浮気した一日でした。

関連記事
SPECIALIZED S-WORKS VENGE 激似 DENGFU FM098の謎

バイシクルライディングブック DVD BOOK バイシクルライディングブック DVD BOOK
竹谷賢二

自転車競技のためのフィロソフィー―自転車競技のためのトレーニングを根本から変える。 バイシクルトレーニングブック より速く、より遠くへ! ロードバイク完全レッスン  現役トップアスリートが教える市民サイクリストのトレーニング法 (ソフトバンク新書) 自転車ライディングテクニック

by G-Tools
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

Specialized S-Works Tarmac SL4 スペシャライズド ターマック 試乗インプレ 2013

SPECIALIZED S-Works Tarmac SL4 (スペシャライズド ターマック)に試乗してきたのでインプレッションを書いてみる。サイズは490、ステム長75mm、トップチューブ長518mmなので、中華カーボンロードバイクより7mm短め。写真のポジションだともう少々サドル前すぎ。

大きな画像はこちら
Specialized S-Works Tarmac SL4

以前にも、SPECIALIZED Tarmac Elite Compactを試乗したことがあり、なかなか好印象であったが
http://china-carbon.seesaa.net/article/142191794.html

SPECIALIZED S-Works Tarmac SL4 もターマックシリーズの最高峰らしく素晴らしい剛性バランスの乗りやすいロードバイクであった。

乗り始めての第一印象は、スパルタンな外見とは裏腹に非常に乗り心地がいい。しかしながらBB回りの剛性はしっかりあり反応も良い。BB回りをしっかり固めて、フォークと後三角の剛性をうまく抜いてある感じ。素晴らしい剛性バランスだ。

S-Works Tarmac SL4は、登りもクイクイと軽快に上がっていく。癖になりそうな感覚だ。

これに比べたら、中華カーボンロードバイクはモワモワ・・・。S-Works Tarmac SL4とはまるでランクが違う感じだ。中華カーボンロードバイクのブログなのにターマックべた褒め。

Tarmac SL4は、後に試乗したVENGEに比べても絶対的な評価でも、オールラウンダーなロードバイクで、体重60sの万年初心者が乗っても楽しいロードバイクだった。

ちなみに、試乗コースは山岳コースで結構ハードな使用条件で試乗が出来た。
中華カーボンロードバイク@峠
自転車競技のためのフィロソフィー―自転車競技のためのトレーニングを根本から変える。 自転車競技のためのフィロソフィー―自転車競技のためのトレーニングを根本から変える。
柿木 克之

バイシクルトレーニングブック

b

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
2010年02月26日

SPECIALIZED Roubaix Elite Compact (ルーべ) 試乗会 インプレ

SPECIALIZED Roubaix Elite Compactルーべ)のインプレッション

SPECIALIZED  Roubaix Elite Compact  ルーべ

SPECIALIZED Roubaix Elite Compact(ルーべ)は一回り大柄な自転車に乗っている感じのコンフォートロングライド志向のロードバイク。ターマックと見た目あまり変わらないが、乗った感じはかなり違う。

SPECIALIZED Roubaix Elite Compactは、アップライトなポジションで、前後のタイヤが遠く感じる。つまり、チェーンステイ長とフォークのオフセットが長くホイールベースを長くとって直進性安定性重視。悪く言うと少々重めで鈍重 。良くいうとマイルド。踏みごたえも若干マイルドの様な気もするけど、ターマックとの差はあまり感じなかったかな・・?先入観だけだったかも?

SPECIALIZED Roubaix Elite Compactには、衝撃を吸収するZertzインサートなるものがついているんだが、そもそも、25cの太めのタイヤが振動を吸収してくれるので、フレームの振動吸収性の違いはよくわからなかった・・。

試乗会の様に短距離をチマチマ走るかぎりは、軽量で機敏なターマックの方が刺激的で楽しい。自分の乗っている自転車に感覚が近いので、尚更。でもロングライドや、夜間走行時は安定志向のRoubaix Elite Compact(ルーべ)ですかね。敏感なターマックでは、夜間走行が怖いかも。

ところでRoubaixルーべ)の名の由来はパリ〜ルーべレース(Paris Roubaix)から来ているんですね。 動画(フルHD対応)を見ると相当な悪路。この悪路を走破するための設計コンセプトなのだと納得。

パリ~ルーベ 2010 [DVD]パリ~ルーベ 2010 [DVD]
100年以上の歴史を持ち、“地獄の日曜日”の異名を持つ過酷な格闘自転車ロードレース、パリ~ルーベに迫るドキュメンタリー。
50km以上に及ぶ未舗装の石畳(パヴェ)が続く“北の地獄”に、最高の肉体とテクニックを持つトップロードレーサーたちが果敢に挑む。
おすすめ平均star
star北の地獄

あと、コンパクトクランクはいいですね。ノーマルクランクでチェーンリング38Tだと、下から8速中6速ぐらいまでしか使えないが、コンパクトクランクの34Tだと、試乗レベルでも10速中9速までまんべんなくしっかり使える。ホビーユーザーにはこの程度のギヤー比の方が使い易い。

サドルの、Body Geometry Avatar Gel w/ hollow Cr-Mo rails はやっぱり固め。

それと、このターマックとルーべには無名ブランドのブレーキキャリパーがついているのだが、実用的に良く効く。言われてみなければ105のキャリパーと変わらないんじゃないかと。

帰りしな我が中華カーボンロードバイクに乗ってみると、やっぱりあの極太フォークがちょっと固い・・。WHーRS20の方が振動吸収をしてくれて、接地面積小さめでCRCで安かったPRO3RACEが矢のように進む感じ。コレはコレで良しですか?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑中華カーボンに興味ある方はポチっとお願いいたします。↑↑↑↑↑↑

以下 SPECIALIZED Roubaix Elite Compact のスペック

続きを読む

SPECIALIZED Tarmac Elite Compact (ターマック) 試乗会 インプレ

SPECIALIZED  Tarmac Elite CompactSPECIALIZED Roubaix Elite Compactの試乗会に行ってきてしまった。早速浮気の虫が・・。

双方ともに、105組、CXP22手組みホイールを装備した廉価版(と言っても28万円するが・・)のフルカーボンロードバイクで、フレームが違う二台なのだ。

まずは、Tarmac Elite Compactターマック)。 レーシング仕様で、軽くて機敏。がっしりした踏みごたえのあるフレーム剛性と振動吸収性を併せ持つ良いロードバイクでした。このシンプルなカラーリングも良いよね。

SPECIALIZED Tarmac Elite Compact  ターマック

Tarmac Elite Cmpact は、マイ中華カーボンロードバイクに近いジオメトリーだと思う。ショートホイールベースでクイックなハンドリング 。廉価品のCXP22手組ホイールは固くて重い感じだったが、フォークが微振動をよく吸収してくれる感じだ。こういう作り込みが、ブランド物と無印中華カーボンフレームとの違いなんでしょうか。

WH-RS20より廉価版のCXP22ホイール履かせてあるのに、車体を持ってみると結構軽い。どうしてマイ中華カーボンロードバイクより軽いんだ? と不思議に思っていたが、よく考えたら、自分のロードには、ボトルやパンク修理セット、懐中電灯フル装備で1kgは重量増だから重くて当たり前なんだな・・・。 それとステムがマイ中華カーボンロードバイクより3cm長いのでハンドルを持って前輪だけを上げるとテコの原理で軽く感じるのもあるだろう。

サドルはBody Geometry Toupe w/ hollow Cr-Mo railsというもので、ちょっと固め。

28万円の予算があったら、中華カーボンフレームに105組、デュラエースのホイールが組めるなと思った。

係員に我が中華カーボンロードバイクをガン見されているような気がしたが、何も言及せずでした。中華カーボンフレームにSPECIALIZEDのステッカーを貼ってあったら気まずい思いをするところでした。

ルーべ編インプレッションに続く

追記 後日談

後の日記に出てきますが、摩擦増強剤をつけずにステムを組んだので、走行距離数を重ねる毎にヘッド周りが緩み、ヘッド付近から微振動が発生し乗り心地の悪化がしておりました。

SHIMANO(シマノ)WH-7850-SL ロードホイール チューブレスクリンチャー SHIMANO(シマノ)WH-7850-SL ロードホイール チューブレスクリンチャー

SHIMANO(シマノ)
売り上げランキング : 482338

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑中華カーボンに興味ある方はポチっとお願いいたします。↑↑↑↑↑↑

以下 Tarmac Elite Compact のスペック

続きを読む