2014年07月17日

PRO4 ENDURANCE → PRO3 RACE

4月の始めにPRO3 RACEが寿命に・・。
タイヤやばい

そこで、PRO4 ENDURANCEにしてみた。(7/7)
PRO4ENDURANCEタイヤ

転がり抵抗は少ないのだが、どうにも乗り心地が硬くて、グリップもいまいち。

PRO4 ENDURANCE は耐久性、耐パンク製重視のタイヤなので、確かにがれた路面に突っ込んでいっても安心感はある。細かい凹凸も吸収してくれるがちょっとした段差になると、ガツッとショックが来る。そしてグリップ感、コーナリングでいまいち足元が頼りにならず、直進安定性もイマイチ。やはりしなやかさやグリップ感に置いては、レース用のPRO3 RACEに一歩及ばず。

という事で3ヶ月 およそ350q走ったところで、CRCで投げ売りされていたPRO3 RACEをゲット。手で触ってみると、タイヤのサイドがPRO4 ENDURANCEより薄くて柔らかい。この辺りが耐久性や耐傷性を犠牲にしたレース用。PRO3 RACE 1

久々にPRO3 RACEで走っていると、目新しさは無いが、ねっちゃりグリップで乗り慣れた安心感! Sの字の切り返しでも逃げずについてきてくれる。直進安定性も増しました。やはりレーシングタイヤはいいです。

最近、なかなか絵になる写真が有りません・・今年4月の写10572_2061979314_251largeちなみにチューブはコレ使ってます。

MICHELIN A-1 COMP ミシュラン 軽量ブチルチューブ AIR COMP Ultra Light Tube 700×18-23C40mm MICHELIN A-1 COMP ミシュラン 軽量ブチルチューブ AIR COMP Ultra Light Tube 700×18-23C40mm


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今度買うならコレですね。

2本セット ミシュラン プロ4 サービスクルス 700×23C(622) ブラック 2本セット ミシュラン プロ4 サービスクルス 700×23C(622) ブラック

ミシュラン

Amazonで詳しく見る


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

posted by 中華カーボン at 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月10日

カーボンコラムスペーサー ゲット


今まで付けていたのは4枚400円の安アルミスペーサー+追加で一枚 でした。

色があってなくてガラクタ感丸出し・・。

カーボンコラムスペーサにしようとすると、2250円!  ママチャリが1/4台買えちゃいます。

Aliexpressの中華カーボンコラムスペーサーだと、$10.53 およそ半額ですね・・
2mmのスペーサーも欲しいけど。
http://www.aliexpress.com/item/Band-New-Full-Carbon-Headset-Spacer-Set/490188090.html

どうしようか思い悩んでいただが、
先日、2chオフ会で親切な人にカーボンコラムスペーサを恵んで頂きました!! 
計量結果は 20g!
カーボンコラムスペーサ

アルミスペーサーは26gだったので、6gの軽量化! 

早速、カーボンコラムスペーサを取り付けてみた。ハンドル周りが精悍なデザインになりました! めでたしめでたし。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
posted by 中華カーボン at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年10月20日

BR-6600 アルテグラ (ULTEGRA)ゲット!

BR-6600 アルテグラ をゲットできたのでレポートしてみる。CRCで$23.98×2×80≒3837円だった。BR-4500を買った時は、25.13EURだったので、まずまずの値段だ。

旧型STI(ST-1055)を使っている場合、現行のBR-7900BR-6700BR-5700ではワイヤーの引き量が異なるため互換性が無いので、旧型のBR-6600の新品は貴重だといえる。

BR-6600 ULTEGRA 重量 342g BR-4500より34g軽量化!
BR-4500 計量、交換記事はこちら
BR-6600 ULTEGRA アルテグラ
BR-6600はアームの支点となっているボルトの頭を小さくし、アームの肉を太くして、支点周りの剛性を上げているのが分かる。



フォークに取り付けるボルトの長さがBR-4500のボルトやや長いがこれでも装着可。マニュアルでは、ボルトを6回転以上ねじ込めれば良い事になっている。


BR-6600 装着完了! 

ついでにインナーワイヤに注油。STIからインナーワイヤを抜くには、レバーを引いてワイヤーの太鼓が見えた所で、ラジオペンチで太鼓を掴んで引き抜く。但し、全部引き抜くと再びアウターに差し込むのが困難となるため、ハンドルに這わしてある部分だけ抜いて注油すればいい。BR-6600 ULTEGRA アルテグラ

早速試走! キャリパーの剛性は上がっているが・・・

シューの食いつきがどうも悪い。はっきり言って、今まで使っていたBR-4500+R55C3の方がよく効く印象。

BR-6600のシューセットはR55C2で一つ前の型だ。新品とはいえ長期保管品と思われるのでゴムの劣化が考えられる・・。数km走って、当たりが出ても効きが改善しないので、シューセットをR55C3に換装。これで効くようになった。

めでたしめでたし。

尚、BR-6600の剛性だが、新型のBR-6700程のガッチリ感は感じなかった。やはりコンポは新しいものの方がいいようだ。新型のBR-6700を装着したCAAD10 3 ULTEGRAを試乗した時はブレーキのガッチリ感に感心したものだった。

以上、本当は5700系105でフル換装したいけど、ブレーキ換装で満足しているスーパー庶民の日記でした。

SHIMANO(シマノ) R55C3(BR-7900)ブレーキシュー&固定ネジ(ペア)
SHIMANO(シマノ) R55C3(BR-7900)ブレーキシュー&固定ネジ(ペア)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
posted by 中華カーボン at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年03月31日

BR-4500 ティアグラ 交換  (TIAGRA)

BR-4500ティアグラ に交換してみた。

試乗会で乗り比べる高級車に比べて、我が中華カーボンロードバイクについているアルテグラ(ULTEGRA)BR-6400の効きが悪く剛性感も低かったからである。

グレード的には2つダウンだが、2世代新しい筈。購入先はBike24 25,13 EUR(前後セット価格)モデル末期なので少々安い。

BR-4500 (TIAGRA)の重量376g

一方 BR-6400 アルテグラは、382g  およそ6gの軽量化!
ちなみに、現行モデルのBR-6700317g(カタログ値)とかなり軽量化されている。

BR-4500の標準の取り付けナットが短いので長めのを調達!

無事取り付け完了! 少し見栄えが良くなった!

標準のシューゴムがスポンジーでコントロール性が悪いので、BR-6400(ULTEGRA)についていたシュー(R55C3)に変えてみた。

スポンジーなのは改善したが、ブレーキキャリパー自体の剛性は、BR-6400と大差なく、あまり改善がないような。試乗車についていた105(BR-5700)に比べれば明らかに剛性不足・・・。

新しいブレーキキャリパーを入れたメリットは・・・・

・見栄えが良くなる。
・ブレーキ操作がスムーズになる。
・長くて大きな最新のシューセット(BR-6700用シュー(R55C3))をフレームへの干渉なく無理なく付けられる。

事ぐらいかな・・・Orz まぁBR-4500が安かったからこれでよしと・・・。結局シューとリム面の清掃をしたら、効きが良くなったというオチがつきました。

↑ 取付部に分厚いワッシャーを挟まなくて、ブレーキシューがフレームに干渉しなくなった図

DRETEC デジタルキッチンスケール 2kg ホワイト KS-233WTDRETEC デジタルキッチンスケール 2kg ホワイト KS-233WT

家のデジタル秤は1kgまでなので、フレームやホイールを測れないが、2kgまで計れたら便利。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

posted by 中華カーボン at 10:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年03月17日

EASTON EA 50 ステム交換

先日某試乗会に参加した後、帰りしな我が中華カーボンロードバイクに乗ってみたら、サドルが後ろ過ぎるような違和感を感じた。

そこで、改めて膝とペダルの位置関係を調べたら、サドルを1cm前に動かしたよさそうなので、ステムを1cm長めの8cmの物に交換する事にした。

用意したステムは、イーストン EA50
 ・コラム径 28.6mm(1-1/8)オーバーサイズ
 ・ステム長:8cm,
 ・角度6°
 ・クランプ径:26mm
まともに買うとホムセンのママチャリが買えそうなお値段ですが・・・。JensonUSAで1506円(送料込み)だったのは大人のひ・み・つ。

使っていた70mmのJixnaステムとイーストン EA50の比較の図。コラムの溶接痕が綺麗に処理してあるのがわかる。

EA 50 ステム

そして、微妙にステムハイトが小さい。場合によってはステムハイトの違いでステムが取り付けられない場合がある。ステム交換の時の落とし穴@あさひ

という事でコラムスペーサーを継ぎ足すこと無く無事取り付けられました。

EA 50 ステム

ハンドルもコラムスペーサーもシルバーでステムだけ黒。色があってなくてガラクタ感丸出し・・。

サドルも前に出し少し上に上げてポジション調整。走ってみると、直線安定性が増して、膝下にペダルがしっくり来る気がする。まだ腰が痛くなったりするので微調整は必要だが、これはこれでよくなった気がする。

参考までに、Jixnaのステム重量は142g。イーストン EA50は140gで2g軽量化!

JensonUSAのステムの値段にびっくりしたら、↓↓ポチッとおねがいします。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

AceCo K-Edge チェーンキャッチャー 直付け用(ラジアスワッシャー付) ブラック AceCo K-Edge
チェーンキャッチャー 直付け用
(ラジアスワッシャー付) ブラック

K-Edge

◆参考文献

ステムの種類とサイズの選び方@あさひ
ステム交換の時の落とし穴@あさひ
セッティングの基本は「サドルポジション」 All About

posted by 中華カーボン at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年09月26日

タイヤ(PRO3RACE)交換とDeuter Bike 1

タイヤ(PRO3RACE)交換とDeuter Bike 1を買ったので報告と自慢をしてみる。

あれは、夕暮れで、西日が差して視野が狭くなってくる時間帯、犬を連れたおばちゃんが西日に向かって車道に飛び出してきたので、フルブレーキング!! 

タイヤ(PRO3RACE)のトレッド面が剥げてしまいました・・。

PRO3RACE タイヤ 剥げる。

これが、峠の下りだったらタイヤバーストしていたかもしれないと思うとぞっとします。この人のブログみたいに → 温見峠は遠く

タイヤは早めに交換しておきましょう!!

という事で、またまたPRO3RACEに交換。今度はダークグレー。
CRCこの色だけが2600円ぐらいで投げ売りされていたのは内緒。
地味になって野暮ったくなったので、ホイールを磨いてみたら少しましになった。

中華カーボンとドイターのバイク1

横に置いてあるのは買ったばかりのDeuter Bike 1。さりげなく自慢してみる。deuterのクロスバイクは軽量だがA4ファイルボックスが入らないし、一回り大き目の スーパーバイクだと、内蔵の前掛け式ウィンドブレーカーがある分だけ重くなるので、A4ファイルケースが入って軽量なDeuter Bike 1を選んでみた。

B001G9IRA4 deuter(ドイター) バイクI

ASAHIのDeuter Bike 1レポート

ASAHIのDeuter Bike 1 レポート その2

WiggleでDeuter - Bike 1が5500円ぐらいなのは内緒だけど・・・。

サイコンのオド 1588.9 km

↓↓↓↓↓中華カーボンに興味ある方はポチっとお願いいたします。↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログへ

続きを読む
posted by 中華カーボン at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月19日

即席チェーンステーカバー(プロテクター)

チェーンステイカードってなんだかんだと1000円位するんで躊躇していたところ、pakuoさんチェーンステーの記事で余ったハンドルバーテープを巻いてあるのを見て、これだ!! と思ったので真似してみた。

う〜ん。手持ちビニルテープが黄色しかなくて、なんだかやっつけ仕事っぽい・・。そのうち改良するかも?

ちなみに、チェーンステイにバーテープを巻くときは、リアディレイラーワイヤーを巻き込まないように・・。もし一緒に巻いてしまうと、リアディレイラー動かなくなりますのでご注意を・・・。

◆追記

透明のビニールテープを買って巻直しました。 写真で見ると綺麗に見えるけど、思ったより透明度が低くていまいち。でも黄色よりはマシ?

中華カーボンロードバイクのチェーンステイにバーテープを巻くの全体図

ちなみに、ビニールテープはホムせンの事務用品売り場で100円でしたが、透明色が無かったので販売員に聞いてみたところ、資材売り場に案内にされました。そこではなんと50円でした。どちらも19mm×10mの品。

同じ店内でビニールテープの値段が
二倍も違うとはこれ如何に?

BBB BIKESKIN BBP-50 プロテクション 透明
BBB BIKESKIN BBP-50 プロテクション 透明

↓↓↓↓↓↓中華カーボンに興味ある方はポチっとお願いいたします。↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログへ
posted by 中華カーボン at 18:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年04月30日

バーテープ&ブレーキケーブル・ワイヤ交換

中華カーボンロードバイクのバーテープが小汚くなってきたので交換、ついでにスポンジーで心もとなくなってきたブレーキワイヤーも交換してみた。

バーテープはかなり前からCRCで安くなっていたものを買い貯めてあったものなので、フレームとのカラーマッチングは考えてない・・。

BIKE RIBBON(バイクリボン) Cork Plus C02 White C02
BIKE RIBBON(バイクリボン) Cork Plus C02 White C02

シマノ(サイクル) デュラエース ステンレスブレーキケーブル Y-80098300

シマノ デュラエース ステンレスブレーキケーブル
251円(通販の方が100円安い・)

バーテープを剥がしたところ。実はバーテープの下にショック吸収のため古いバーテープを2枚重ねで貼りつけてある。イメージとしてはバイクリボンのゲルパッドだ。

そしてブレーキインナーケーブルも交換。ほつれも無いのでちょっともったいない気もするが、おそらく3年以上は使っている筈で、いつ切れるか気が気でないのだ・・。

ワイヤーを替えるにあたっては、やっぱりSTIを外さなければならないようなので、外してみたら、以前から気になっていたハンドル(Dixna J-Fit(259g))の曲がりが気になりだした。

以前のレイダックの時にコカしてしまって、左手側のドロップダウン部が微妙に内側に入ってしまっているのだ。ここまで来たら、内側からハンドルを小槌で叩いて荒療治の矯正。

結構パカンパカン叩いてなんとか少しマシになった。

次のハンドルは、最近流行のアナトミックシャロータイプERGONOMIC-SHALLOW-エコ((290g)がカッコイイかなと思ってるが、やはりDixna J-Fit並に軽量でお手頃価格のものは、なかなか無いようだ・・。

再びSTIをつけてハンドルまわりのセッティングに小一時間
参考ページは、ハンドルまわりの適性セッティング@サイスポ

ブレーキインナーケーブルにはチェーンオイル(実はエンジンオイル)を塗っておく。

ワイヤーの先端には瞬間接着剤を塗ってほつれ止めにしておく。

バーテープを巻き終わったら、バーテープを斜めに切って付属のテープを貼る。

TEKTRO インラインレバー RL-720
写真中のブレーキ補助レバーは、TEKTRO インラインレバー RL-720 だとおもう。

ハンドル上部を握っているときにでも、ブレーキをかけることができるようになります。ツーリングやシクロクロスにおすすめです。

バーテープ交換完了! かれこれ昼ごはんを挟んで延3時間の作業でした・・。

ブレーキを握ってみると、意外にダイレクト感が! 特に握り始めのダイレクト感が違いますね。やはり古いワイヤーはヘタっていたんですね。引きは少し軽くなったが、アウターを代えてないので劇的な変化はありません。

下ハンを握った感じは、ぐっと握りやすくなりました。荒療治で矯正したかいがありました・・・。

あなたも中華カーボンロードバイクで
お洒落をしてみませんか??

BIKE RIBBON(バイクリボン) Gel Pads Extra Soft GPEXST BIKE RIBBON(バイクリボン) Gel Pads Extra Soft GPEXST


↓↓↓↓↓↓中華カーボンに興味ある方はポチっとお願いいたします。↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログへ
posted by 中華カーボン at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年03月28日

中華カーボンフォークエンド調整

当初から気になっていたフォークセンターの狂いを直すべく調整してみたので報告してみる。

現状、前から見てホイールが左に寄っている。なのでクイックを絞める時に右にずらしてだましだまし乗っていた。これは、エンドを削って調整する必要がある。

http://nambei.exblog.jp/9079520/

という事で丸棒ヤスリ 980円。カードのポイントで買おうとしたら、改正貸金業法の影響でカード会社が入れ替わり、ポイントを一旦その店の金券に交換してから商品を買うということになっておりました。春ですな・・。

上から見たエンドの状態。特に問題ないように見える。

削る前の状態

ガシガシ削る。

ホイールをはめて、ノギスでリムとフォークの間を測り、左右間のクリアランスを見る。(タイヤとブレーキキャリパーは予め外しておく。)

この作業をひたすら繰り返す。

その結果がコレ。意外に深く削ることになった・・。塗膜を削る程度だと思っていたが、思ったより大変だった・・・。

ホイールにタイヤを嵌めてブレーキキャリパーをつけて作業完了!

フォークのセンターずれは、↓ この極太タイプのフォークが私を含めて2件の報告されている。

玄米黒酢さんところも極太フレームだけど、3Kカーボンでセンターずれの報告がないようだ。http://ameblo.jp/genmai-kurozu/entry-10393832531.html#main

このマシーンもセンターずれは無かったらしい。 
http://takosu.xrea.jp/bi/src/1262490960167.jpg  

今ところ2/3の確率でセンターずれをつかまされる可能性があるようだ・・。

ここまで書くと中華カーボンフォークが粗悪品に思えてくるが、ブランドのフレームでもよくあることらしい。

あのデローザでも、精度が良くないそうで・・。
http://zaemon.blog.ocn.ne.jp/pottering/2008/04/post_61a2.html
http://nambei.exblog.jp/9079520/


という事で、

あなたも中華カーボンフォークで苦労を共にしてみませんか?

(STRAIGHT/ストレート) ヤスリ 丸 200mm 19-3989
(STRAIGHT/ストレート) ヤスリ 丸 200mm 19-3989
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑中華カーボンに興味ある方はポチっとお願いいたします。↑↑↑↑↑↑

posted by 中華カーボン at 15:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年03月06日

摩擦増強剤塗布 TACX カーボンアッセンブリーコンパウンド

フルカーボンフレームにアルミのシートポストをつけると電蝕して固着する事があるらしい。

木熊さんのブログ
http://kaitenmokuma.blog71.fc2.com/blog-entry-298.html

NORCOGさんのブログ
http://news.norcog.com/?eid=77422

Kinoさんのブログ
http://blog.goo.ne.jp/kino55crazy55/e/bf0f89dca9c4bbc329e963c3bbddf7a3

そこで、近くのショップからカーボン用摩擦増強剤を入手。
TACX カーボンアッセンブリーコンパウンド 5g

FSA インスタレイションコンパウンド

amazonだと、

FSA インスタレイションコンパウンド
6g
ちょっと高い・・。

店主に、フルカーボンフレームにアルミシートポストを刺した場合の電蝕による固着の可能性について尋ねてみたところ、そういう事は、お客さんの方がよくご存知で、もともと摩擦増強の目的でコンパウンドが開発されたようだが、固着防止効果もあるらしい。うちの店では、カーボン素材の組み付けには摩擦増強剤を使っているから固着の事例は聞かない・・・。との事でした。

再びシートポストを抜いてみる。きつくて結構大変。トップチューブに跨ってえっこらえっこら引き抜く。腰が弱い方はご注意・・。抜いてみるとEA50のロゴが消えてる・・。Orz

コンパウンド 塗り塗り

フレーム側も塗り塗り

シートポストを差し込んでみると、コンパウンドを塗る前よりスムーズに入る・・。摩擦増強剤なのにコレで良いんだろうか・・。締め付ければ摩擦増強されるんだろうか・・謎

コラムにも塗り塗り

ついでにハンドルを5mm程低くしてみる。

TACX カーボンアッセンブリーコンパウンド がかなり残ってしまった・・。

ハンドルまわりのガタつきをチェックするため、前輪を弾ませてみると、以前より微振動が少ない・・。フロントブレーキをかけながら車体を前後にゆすると、以前よりグラつきが少ない・・。これまで400kmぐらい走ったのだが、どうやらコラムに締め付けてあったステムが少し緩んでいたようだ・・。

これでもまだハンドルまわりが緩むようならトルクレンチ導入ですね。

グランジ コンパクトトルクレンチグランジ コンパクトトルクレンチ
おすすめ平均 star
star使い方のコツを覚えれば大丈夫でした
starフレームとカーボンには必須!
starこれからの自転車整備には必需品。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

追記

雨が上がったので試走。やはりヘッド周りの微振動が減った。むしろフォークが振動を吸収しているような気すらする。前輪と後輪との一体感も増した。走れば走るほど違いがわかってくる。これならSPECIALIZED の Tarmacと遜色なかったかも・・・^^;)

無理やり◆結論

中華カーボンフレームは組み付けも自己責任。フレームの性能を生かすも殺すもあなたの組み付け技術次第!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑中華カーボンに興味ある方はポチっとお願いいたします。↑↑↑↑↑↑

posted by 中華カーボン at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年12月21日

フロントディレイラーワイヤ張替え

やまっくさんのブログ【中華カーボン】人柱たぶん3台目?【その1】を見ていてある事に気づいた。

このフレームにはフロントディレイラーのワイヤーを通す専用の穴があるんだと・・・・。^^;) 確かにプロショップでそういうワイヤーの取り回しをしている自転車は良く見かけます。が、長年の思い込みで、フレームの外側からワイヤー通してました・・。

という事で、ワイヤーを張りなおしました。以上・・・。

フロントディレイラーの変速調整@あさひ

http://www.cb-asahi.co.jp/html/mente-fd.html

にほんブログ村 自転車ブログへ

↑↑↑ 中華カーボンに興味ある方は、ぽちっとよろしくお願いいたします。

SHIMANO(シマノ) ロード シフトケーブルセット ブラック [Y60098501] OT-SP40 SHIMANO(シマノ) ロード シフトケーブルセット ブラック [Y60098501] OT-SP40

King TTC ワイヤーロープカッター WC-150

by G-Tools
posted by 中華カーボン at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする