2011年05月01日

シートポストを切ってみた。EASTON EA 50

ISPシートチューブのメリットは軽量化もさることながら、シートポストを差す事によるシートチューブ剛性過多を無くし、剛性バランスの優れたフレーム設計を出来る事である。と、どこかで読んで以来ずっと気になっていた。

我が中華カーボン短足仕様では、長いアルミのシートポストがシートチューブに刺さっている。これではカーボンフレームの良さを阻害しているのではないかと。

季節が良くなって野外作業がしやすくなったので思い切って切ってみた。これもCRCで2500円で買ったシートポストだから出来る事。国内正規価格で買っていたらそこまで思い切れません。

EASTON EA 50 シートポストを切る

45g軽量化!

思った程じゃなかった。でもKNOG BEETLE激似の中華LEDテールランプで57g軽量化したので、合計102gの軽量化! これはちょっと大きい!

で、肝心のフレーム剛性とか乗り心地はどうかって??
ちょっと共振が減ったような。
ちょっとしなやかになったような?
ちょっとダンシングで振りやすくなったような?
気のせいですか? 
いえ、自己満足です。

自己満足に共感したらポチッとおねがいします 

にほんブログ村 自転車ブログへ

KAKURI 金切鋸固定 刃付

posted by 中華カーボン at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック