2012年11月17日

DXの激安中華ハートレートモニターサイコン SD-565 検証編

DXの激安 1800円 中華ハートレートモニター 付きサイコン SD-565 いよいよ検証編です。

http://dx.com/p/1-5-lcd-cycling-computer-w-heart-rate-monitor-speedometer-clock-thermometer-1-x-cr2032-128903
SD-565 買って3週間、なかなか使えるんじゃないかと。

振動でブラケットからサイコンが落ちたり、信号線が断線したりしません。雨の中走ってないので防水性能は不明。

以下詳細。

速度計  基準にする筈のCC-RD400DWが何故か良いタイミングで壊れてしまい、比較できず。 

 時計 9日間で20分遅れた事があったが、設定しなおしたら何故か遅れなかった。遅れた理由不明(設定不備?)

心拍計
ジムのエアロバイクの脈拍計と同時計測した結果、±5ぐらいで推移。
3週間目ぐらいで通信しにくくなったが、電池を入れなおしたら直ったよう。
電池入れの端子の接触が悪いようなので 、改めて接点復活剤を塗っておいた。

 温度計 部屋の温度計と比べても遜色ない値。 
   

ふと気になったので、カメラ用のCPLフィルター(偏光フィルター)で覗いてみました。


CATEYEのサイコンCC-RD400DWと中華ハートレートモニターの液晶では、真っ黒になる位置が90度異なります。 90度偏光板の向きが違うようです。偏光レンズのサングラスをかけていた場合、表示板が見えなくなるかもしれません。

最近の中華カーボンスナップショット
中華カーボンロードバイク
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) LED裾バンド DA018LB オレンジ DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) LED裾バンド DA018LB オレンジ

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) LED裾バンド DA019LB ピンク DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) LED裾バンド DA020LB イエロー DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) シリコンフレームプロテクター DA021FP 4個1セット DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) シリコン製 LED フロントライト DL-04W

by G-Tools
posted by 中華カーボン at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイクルコンピューター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年11月03日

DXの激安中華ハートレートモニターサイコン SD-565 操作編

英語取説のメモ書きです。

ボタン操作概要

右ボタン(→) でモード選択  ボタンを押すごとに以下の順にモード変更

ODO
DST 
MXS
AVS 
TM  
RPM 
RPM MIN 
RPM MAX
CAL 
FAT 
SCAN 
総距離
トリップ
最高速
平均スピード (停止時は自動計測ストップ)
ラップタイム (停止時は自動計測ストップ)
気温
最低気温
最高気温
消費カロリー
消費脂肪
↓↑ のアイコンが左下に出て、DST→MXS→AVS→TMと4秒毎に表示を変えていく。

左ボタン(←)
TM、DST MXS AVS モードの時 5秒長押しで記録リセット



操作詳細 の抜粋

・ODO(総マイル数)リセット
ODOモードで左ボタンと右ボタンを両方一緒に3秒押すと、
・タイヤ長
・km・m 総距離数
がリセットされる。

・ペースアロウ
▲が平均より平均スピードより高い ▼が平均スピードより低い

・℃と°Fの変更 (摂氏と華氏の変更) 
気温モード(RPMモード)において、左ボタンを3秒押すと変更モードになる。右ボタンで変更、左ボタンで確定。
デフォルトは℃(摂氏)

・スリープモード
300秒無信号になるとスリープモードになり時計表示になる。車速信号が入るかボタンを押すと復帰する。

・ハートレート ファンクション
P
AVS
MAX
現在のハートレート(心拍数)  (回/分)
平均ハートレート (回/分)
最高ハートレート (回/分)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
posted by 中華カーボン at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイクルコンピューター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DXの激安中華ハートレートモニターサイコン SD-565  設定編

英語取説のメモ書きです。

概要
電池を入れると、ホイール長設定モードになり以下のように順番に設定していく。詳細は後記にて
ホイール長→ Km/h m/h → ライダーの体重 → メンテナンスアラートモード → 時計設定モード → ODO設定モード

ボタンの役割
主に、
  ・右ボタン(→)が選択・調整 RIGHT
  ・左ボタン(←)が確定 LEFT
となる。
時計設定モードでは逆で
  ・左ボタン(→)が選択・調整 LEFT
  ・右ボタン(←)が確定 RIGHT
となる。

設定詳細
電池を入れると、ホイール長設定モードになり、以下の順番で設定していく。

・ホイール長設定
電池を入れると、2060の文字が下にでてくるので、ホイール長を設定する。
右ボタンで数字を進め、左ボタンで確定、次の桁へ進む。
700c×23c は2105を入力すると支持されているが、 CC-RD420DWでは2096を入力することになっている。どちらが正解なのか不明。

・Km/h m/h の設定
ホイール長を設定し終わると、キロか、マイルを選択する画面に移る。
右ボタンで、Km/hかm/hを選択し、左ボタンで確定。ライダーの体重設定モードに移行。

・ライダーの体重設定
Km/h m/h の設定モードが終了するとライダーの体重設定モードに移る。
デフォルトでは65sになっている。右ボタンで数字を変更、左ボタンで確定、桁移動。
20〜150sの反意で設定できる。左ボタンで設定が終了すると、メンテナンスアラートモードに移動。

・メンテナンスアラートモード
ライダーの体重設定モードが終了するとメンテナンスアラートモードに移行する。
どうやら設定距離になるとメンテナンスのためのアラートアイコン(工具の形をしている)を表示してくれる。
右ボタンで200/400/600/800/kmを選択、左ボタンで確定、時計設定モードに移行。

・時計設定モード
メンテナンスアラートモードを終了すると時計設定モードに移行する。
時計モードで、左ボタンを3秒を押すと、24h/12h切り替えモードになり左ボタンで選択、右ボタンで確定、時刻設定モードに以降。左ボタンで時を選択、右ボタンで確定、分設定モードに。再び左ボタンで分設定、右ボタンで確定。右ボタンをもう一度押すとODOモードに移動。

・ODO(総距離数)設定モード
ODOモードでは左ボタンを2秒押すと、ODO(総距離数)値を設定できる。初期値は0000.0
右ボタンで調整、左ボタンで確定、次の桁へ進む。最後の桁まで進んで設定終了

操作編へ続く

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
posted by 中華カーボン at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイクルコンピューター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする