2011年06月18日

PD-A530 & SH-M077 遅咲きのビンディングデビュー!

SH-M077がWiggleのセールで半額以下になっていたのでポチッてみた。レースするわけでもないので、普段歩けるようSPDシューズを狙ってみました。

普段の靴は26cmを履いているのですが、シマノのMTBシューズは41(25.8cm)ではつま先が当たって痛いし、42(26.5cm)では少しブカブカ。ハーフサイズの41.5はSH-M24OEのような高級モデルにしか無い・・。痛いよりはブカブカのほうがサイズ調整しやすいので42にしてみた。近くの量販店で試履したのは内緒

SH-M077

ペダルは、PD-A530ブラックモデル! 片面フラットペダルにもなる中途半端な優れもの。高額だけのことはあって、ベアリングもゴリゴリ感がなくスムーズ!ブラッククランクとの組み合わせがかっこいい!

PD-A530

PD-A530の重量383g。使っていたクリップペダルは240×2=480g およそ100gの軽量化!

カンパニョーロのクロップペダル

中華カーボンロードバイクを持った感じも軽くなったような気がする。

しかし・・・靴が重くなった。

試しに重量を測ってみる。

スニーカー + クリップペダル

クリップペダル+スニーカー=510×2=1020g

PD-A530 & SH-M077

SH-M077PD-A530=560×2=1120g

な、なんと! 100g重くなってしまった・・・。微妙にだまされた気分。

靴がぶかぶかな件は、冬用の分厚いソックスを履いて履き心地を確かめてみた。意外といけるのですが、夏場は暑いし蒸れる。そこで、コーナン商事で中敷きを買ってきた。98円!中敷き

純正中敷きの下に買ってきた中敷きを入れる。

SH-M077に中敷きを入れる

意外にしっくり! サイズが大きい件についてもこれで解決!

ビンディングを使ってみた印象は、面白いように自転車が加速します!

よく言われているように使える筋肉が倍増しますね。今までももの前側と腸腰筋しか使ってない感じで、ももの前側ばかりが疲れました。しかし、ビンディングを使うと、腿の裏のハムストリングを有効に使え、歩行時と同じように筋肉が使えるような気がします。

エンジンに例えれば、2バルプから4バルブになった感じ。パワーは出せるけど、パワーを出した分余計に疲れる・・ いえ、面白いように自転車が進むので、はしゃぎすぎました・・・。

使える筋肉が増えた分だけ、ペダリングに戸惑っている感じも多々ありです。

で、初心者にありがちな立ちゴケですが、慣れてもう大丈夫だろうという頃に転けました・・。走りに出かけて帰ってきて、家に入るため右折しようかと思っていたところへ後ろから車が右に並びしばし並走、不意をつかれて失速、右側に転倒。

他にも堤防に登る坂道の逆バンクのコーナーでペダルを擦ってしまったりで、新しいペダルが既にキズキズに・・・。Orz

という事で、ようやく

高額なビンディングシューズ&ペダルに手が届いたのに、

地に足が付かなくなってしまったお話でした。

参考ページ

SPDシューズにクリートを取り付ける@YAMAHONで行こう

中華カーボンロードバイク人柱日記を応援してくださる方はポチッ ↓ っとお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログへ

シマノ SM-SH52 クリートセット(シングルモード/ペア) Y41M98021シマノ SM-SH52 クリートセット
(シングルモード/ペア) Y41M98021


シマノ(SHIMANO)
posted by 中華カーボン at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年06月07日

CATEYE CC-RD400DW ストラーダWワイヤレス ゲット 

CATEYE CC-RD400DW ストラーダWワイヤレス をゲットしました! 念願のケイダンス計付ワイヤレスサイクルコンピューター!

CC-RD400DW ストラーダWワイヤレス CATEYE 公式ページ
http://www.cateye.com/jp/products/detail/CC-RD400DW/

今までのサイコンより進化した主な機能といえば、

・時刻表示 (無いと意外に不便)
・ケイダンス計 (トレーニングに必須)
・自動計測 

今まではストップウオッチのように、ボタンを押してから計測開始、再びボタンを押すと計測終了で、信号待ち時間も計測されるので、実動時間長めで、平均速度低めに出る傾向があったが、自動計測なら、自転車が動いている時だけ計測されるのでより正確に走行時間と平均速度が出る。

・タイヤ周長を2つセット出来る。 (あまり使わない)
・ベースアロー

という事で、これがゲットしたCATEYE CC-RD400DW とてもきれいな中古品

CATEYE CC-RD400DW

計測単位の選択、タイヤ周長の設定、センサーIDの照合、時刻の入力をした後・・・、

ケイダンス&スピードセンサー設置。ホイールマグネットとセンサーの隙間5mm以内、ケイダンスマグネットとケイダンスセンサーとの隙間3mm以内にセット。

CC-RD400DW センサー

中華カーボンロードバイクは、チェーンステイがちょっと特殊な形状をしているのですが、無事設置完。

使用結束バンドのサイズは 長さ200mm 幅3.6mm。150mmだと少し足らない。センサーの結束バンドを通す穴の幅は4.4mm。センサーを落下さえると高くつくので出来るだけ太くて丈夫な耐候性結束バンドを選んだ。

MARVEL(マーベル) ケーブルタイ 耐候性 ブラック MCT-203BMARVEL(マーベル) ケーブルタイ
耐候性 ブラック MCT-203B


amazonだとこれが合うようだ。
キャットアイ(CAT EYE) CC-CD200N/CC-CD100N用アタッチメントキット #169-9757Nキャットアイ(CAT EYE) CC-CD200N/CC-CD100N用アタッチメントキット #169-9757N

純正アタッチメントだとこれになるだろうか。

新旧比較のため、並べてつけてみる。昔のサイコンに比べて表示部が大きくなり、非常に小型軽量化されているのがわかる。

サイコンの取り付けは、ステム部だとベルと干渉しやすいし、前方にあったほうが見やすいので、ハンドルに付け直す。

ガラクタ中華カーボンロードバイクがどんどん進化していきます!

ちなみに、CATEYE CC-RD400DWをゲットしたのは某巨大匿名掲示板の名古屋部品交換&雑談オフ会! 矢田川堤防沿いの広場。だった筈が幹事さんが下見した時より草が伸びてしまって草ぼうぼうの原っぱでした。↓ 

いいものをゲット出来て感謝!

古いサイコンどうしましょ・・。初めて買ったウォークマンやポケコンのように捨てられないコレクションになりそう・・。

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ CC-RD400DW キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ
CC-RD400DW

■ID付デジタルワイヤレス、2つのセンサーを登録でき自動判別可能

■チェーンステー取り付けタイプのケイデンス1体型スピードセンサー「ISCTecトレードマーク(TM)」(インテグレーティッド・スピード・ケイデンス・テクノロジー)は取り付けやメンテナンスが簡単。また後輪センサーなのでトレーナーでの使用可能

■コンピュータ表面をクリックしモードを変更する「ClickTecトレードマーク(TM)」は、手袋をしたままでも確実に操作可能

■ステムやオーバーサイズのハンドルバーに手早く確実に固定できる「FlexTightトレードマーク(TM)」ブラケット(工具不要)

■シンプルな操作のオートスタートモデル

■ほとんどのエアロスポークに対応したホイールマグネット

中華カーボンロードバイクに興味あるならポチッとおねがいします ↓↓

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

posted by 中華カーボン at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイクルコンピューター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする