2010年08月29日

防犯登録再考 所得時効と暫定事実

防犯登録に関するコラムです。

実を言うと私のレイダックは防犯登録がされていなかった。正確に言うと登録されていたが期限切れで記録抹消されていたのである。

なので、店に行って再登録を申し出たところ断られた。譲渡書も無く、現在の防犯登録の記録も抹消されていて明示的な所有権を証明できなかったからである。つまり、あのレイダックは、所有していたわけでなく、占有状態だったのだ。

それではいやだなと思って調査したところ、所有権を取得できそうな手段があった。取得時効というやつである。自分のものだと思って10年間善意無過失公然と占有していれば、所有権が認められると言うものである。(他人のものなら20年間の占有で取得時効成立)

10年間ずーっと占有していた事を証明するのはかなり難しいので法的には、暫定事実を証明すればいい事になっている。つまり10年前と現在の二点において、僕がその自転車を善意無過失公然と占有していた事を証明できればいいわけだ。

現在の占有の証明は容易にできるとして、10年以上前から占有していたことをどう証明するのかと?この点について警察でごねようかと思っていたが面倒なので放置プレイでした。一応防犯登録は義務なので警察はきちんと対応しなくちゃならん筈なんです。

防犯登録切れの古いロードレーサーをお持ちの皆様方、ぜひトライしてみてくださいw(もしかしたら、時効警察が対応してくれるかもしれません・・。)

親近者に譲渡書を作ってもらいその人から譲渡してもらったことにすると言う手は、私文書偽造になるので全くお勧めしません。

以上

↓↓↓↓↓↓中華カーボンと一緒に所得時効と暫定事実を
    学んだなら
ポチっとお願いいたします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログへ

なお、時効警察はドラマ上のフィクションの組織であり、恐らく実在しません。あったとしても秘密組織です。

posted by 中華カーボン at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯登録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年08月23日

入鹿池へ

夏の思い出に?中華カーボンロードバイクで入鹿池に行ってました。灼熱の太陽が降り注ぐ日だったので、さすがに入鹿池に浮いているボートも数少なく、近辺の食堂や土産物屋も閑散としておりましたが、やっぱり山の空気は気持ちよく、ちょっと木陰に入るとひんやりと涼しかったです。

かれこれサイコンを取り付けてからの総走行距離は1300kmとなりました。今のところ大きな不具合なしです。

入鹿池

写真は3分割法で構図を決めてみました。左手の山の中腹に見えるのは明治村です。以上、何の変哲もないツーリングレーポートでした。

 あなたも中華カーボンロードバイクで
 何の変哲もないツーリングを楽しんでみませんか?

B001JPE2T0 眼鏡をかけたままサングラスが着用できる
オーバーグラス
アックス Optical style サングラス
眼鏡着用可モデル SG-605P

star外出には手放せない
starオープンカー運転用に
star遠近両用メガネ愛好者にもOK!
starこれはイイ!!!

 ↓↓↓ 中華カーボンに興味ある方はポチっとお願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

posted by 中華カーボン at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年08月15日

WH-7850-SL 装着! Dura-Aceインプレ

WH-7850-SL装着しました! WH-7850-SLはshimanoの最高級グレード デュラエースシリーズの中で、スカンジウム合金を使った少し異色のチューブレス対応金属リムホイールです。WH-7850-SLになると、Dura-Aceすこしデカールが小さくなって、模様が入るんですね。ちょっと微妙。ちなみに、WH-7850-SLのSLは何を指すのでしょう・・。WH-6700はSL付かないですし。
大きな画像はこちら

WH-7850-SL

例によって試乗用ホイールです。我が中華カーボンロードバイクは8速マシーンなので持参のスプロケにわざわざ取り替えてもらいました。(普通スプロケ脱着費用は500円ぐらいしますけど・・)

という事でWH-7850-SLインプレッション!

このホイールは良くも悪くも金属臭い。悪い意味で言えば路面の細かい凹凸をゴゴゴ!と伝えてきます。いい意味ですと、反応の良さ。大袈裟に言うとカーボンコンポジットリムのWH-7850-C24-TLは固めの低反発素材だとすると、スカンジウム合金の WH-7850-SL は硬いバネのような感じ。

でも、WH-RS20を軽くしたような感触になる。つまり、WH-RS20とあまり変わらない・・。同じシマノのホイールで、スポークの張り方も一緒だから乗り味が似てくるのも当然ですかね・・

SHIMANO(シマノ)WH-7850-SL ロードホイール チューブレスクリンチャー SHIMANO(シマノ)
WH-7850-SL (EWH7850SLFRCAB)
ロードホイール チューブレスクリンチャー


CRCで、チューブレス用スカンジウムリムWH-7850-SL投げ売りされていたのはここだけの秘密

↓↓↓↓↓↓中華カーボンに興味ある方はポチっとお願いいたします。↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログへ
以下WH-7850-SLの詳細スペック

続きを読む
posted by 中華カーボン at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホイール インプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年08月14日

WH-7850-C24-TL Dura-Ace 装着! インプレ

WH-7850-C24-TL 装着しました! WH-7850-C24-TLは、シマノの最高級グレードデュラエースの中のカーボン&アルミコンポジットリムのチューブレスタイヤ対応モデルです。フルカーボンのWH-7850-C24-TUに比べて大きめのデカールとテカテカ光るアルミのブレーキ面がかっこいい! ちなみにWH-7850-C24-TLのTLはチューブレスを意味するらしい。
大きな画像はこちら

WH 7850 C24 TL

例によって、試乗用ホイールです・・。^^;) そして我が中華カーボンロードバイクは8速マシーンなので、スプロケ持参してわざわざ取り付けていただきました。感謝。 

という事で WH-7850-C24-TL とチューブレスタイヤのインプレッション! 

感じとしては、フルカーボンのWH-7850-C24-TU+チューブラーに近い感触。ムニュッとした感覚でよく振動を吸収します。これがチューブレスなんですね。これがカーボン&アルミコンポジットリムなんですね・・。

チューブレスタイヤは転がり抵抗の低さが言われていますが、ちょっと乗っただけではよくわかりませんでしたが、ちょっとスピードを出すとPRO3RACEより抵抗が小さいかなと思いました。

前評判では、WH-7850-C24-TLは舶来物ホイールより柔らかめと聞いていましたが、確かに乗り心地が良くて柔らかめな気がします。大柄な欧米人に合わせた舶来物ホイールと違って小柄な日本人に合わせた設定かもしれませんね。

ホイール自体は軽いのですがタイヤがちょっと重い感じがします。チューブレスタイヤは重い(クリンチャー+チューブとどっこいどっこいなのだが)という先入観が、そう思わせたのかも。

SHIMANO: クリンチャー ロードチューブレス 前後セット WH-7850-C24-TL(EWH7850CFRLB) SHIMANO
クリンチャー チューブレス 前後セット
WH-7850-C24-TL(EWH7850CFRLB)


↓↓↓↓↓↓中華カーボンに興味ある方はポチっとお願いいたします。↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログへ
以下、WH-7850-C24-TLのスペック続きを読む
posted by 中華カーボン at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホイール インプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。